上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そう、誰かの管理下に置いてもらって初めて自分のやらないといけないことがわかります。
私はまるで赤子です。
しっかりしたい、そう思いながら問題はすべて先送り。
まるで日本の政治のようです>適当

ブログ初めて更新しました、明石です。


大坪さんはしっかりしておられます。
松井さんも素晴らしいトーク力です。
舘くん、耳赤いですね。
米山くん、背が2メートルあります。(ないです)
竹熊先生うろうろしております。
浅井先生、今日も素敵な眼鏡です。


今日のゼミはゼミの皆さんをじっと見ることに徹していました。(変態)



ゼミの小冊子の記事や漫画など出揃いつつあります。
おお、すごい。
(表紙、やりなおしたいなぁ・・・・)

いつもなんか適当な仕事してしまって本当に、自害物ですが頑張ります。
スポンサーサイト

こんにちは!はるこでございます
奈良のダリアまつりにヒョイッと行ってまいりました!!
全部同じダリアなのかと混乱するほどいろんな色とか形のダリアがあって興奮してしまいました!
しかし最近の花の名前はポエミーすぎて・・・

2011_1002_140838-PA020034.jpg
白玉ってかわいいなおまえ!!!!

一番興奮したのが古墳だなんて言えない・・・

2011_1002_173402-PA020083.jpg
もう10月という現実から目をそむけたくてたまらない、はるこでしたー!

佳です!
佃さんお返事ありがとうございます(^^)

伝えたいことがないと漫画を描いてる人としてどうなのかなと悩んでいたのですが、
佃さんの日記を読んでとても参考になりました!楽になりましたありがとうございます!
本にこう書いてあるからこうではだめとか、プロの人が言うのだからこうでなきゃとか
先生や編集さんが言うからとか意識しすぎてしまうんですよね。

「とにかく沢山描け」というアドバイスの投げっぷりは確かにすごいですね(笑)
納得してちょっと笑ってしまいました。

ストーリー制作考察も興味深かったです。
特にストーリで魅せる系の「竜頭蛇尾」系のお話は、そういわれて考えてみれば最近流行ですね。
それも単なる流行の傾向ではなくて商業的なことが絡んでいるんですねえ。なるほど。
1話完結ものじゃなくずっとストーリーが進んでいくタイプの長編は必ず話が広がっていってしまうので
終盤に向けてまとまっていくのが難しいでようね。
よく友達との漫画の感想の話でも○○編までは良かった、とか話が広がりすぎて把握できないとか聞きますし。
風呂敷をたたむのは難しいです。

色々アドバイスありがとうございました!
お話とても面白いですっ。




と、ここで近況。
ちゃんと日記も書かねば。
でもあんまり書くことないんです!(笑)

この間友達数人とUSJに行ってきました。
遊園地ってあまり行かないので入場料が想像していたより高くてびっくり。
子供のころはよくつれていってもらっていたので、
親ってすごいなあとちょっと感動。

乗り物もパレードもすごく楽しかったです!
テーマパークはその場にいるだけで、現実と離れた空間を演出していて
ああいう独特の雰囲気にいるだけでちがう国みたいで楽しいです。
お土産みてるだけでも楽しい。
すごく現実逃避できます。

けれどはしゃぎすぎて次の日高熱がでて一気に現実にもどったのでした。




佃さんアドバイスありがとうございます!
えっと過去の私の担当の日記をみれば文章の書き方でわかると思うのですが
私あまり頭が良くないので佃さんのアドバイスをちゃんと理解しいかせられるか自信はないのですが、
読んでいてなるほどーと思うことが多くて勉強になりました。
三河先生がアドバイスを受ける方にもスキルが必要だと言われていましたが、
まさに私はそのスキルがないなーと思うのです。
それも身につけていかねばですねっ。

カタログ型作品という考え方、面白いです!
確かにながーく作品はそうだな~と思いました。
ストーリーを追って行くタイプの作品のように続きが気になってしかたない!一気にみたい!とはならないものの、安定感があって、基本的なポイントだけ理解していれば気楽に長く楽しめるのでいいですね。
私の両親世代はそういう作品が好きな人が多めな気がします。

山場は2つ作るもなるほどです。
私は16pくらいの短編を作る時、短いのでわかりやすくシンプルにいこう!と事件→解決にしてしまいがちで
結果おもしろくないです(笑)
結構短いから1つの要素しか無理ってあきらめてしまったり…。
いま短編の勉強中なので短くてもストーリーにボリュームがあり満足してもらえる作品ってどんなだろうと考えています。
山場二つは是非参考にさせていただきます!



ちょっと独り言

漫画制作に関する本を読んでいると、伝えたいことを漫画にするというような表現を良くみかけるのですが、
自分の伝えたいことってなんだろなーってよく考えます。
というかもしかしたらないかもなんて思ったりもするんです。
そんなみんなに伝えたい大それたことなんか…ないな…って。うーん。
これは漫画家になりたい者としてめちゃくちゃ致命的でしょうか。
自分の考えとかつらかったことや訴えたいことがないわけではないのですが、
そういうのって私が描いたら力量不足で暗くなったり説教くさかったり最終的に良いこと言って終わらせて良い話になる感じなので、
自分の感情うんぬんを漫画では表したくない感じがするんです。
そういうのより漫画が描きたい!ってなる時はこのシチュエーションが描きたいから描くみたいなのが多いです。
だからなにか伝えたいのかとかあまりわからないのです。

うーーーーーーーーーん。






先週ブログ更新を忘れていて、今週もまんまと日付が変わってしまいました!
すみません!

ちょこっと宣伝にならない宣伝なのですが、
某漫画雑誌に私の描いたイラストが掲載されます。
応募のきまりのコーナーです。
前回も同じ雑誌で読者コーナーのイラストを描かせていただきました。
こうしてお仕事をいただけるのはとてもありがたいことです。
イラスト描いてと頼んでいただけるのも嬉しいですが、
いつか漫画描いてくださいって頼まれたいです!

そのためには面白いストーリーの勉強をしなければ。
よくストーリーがつまらないと言われ最近すごく危機感を感じてストーリー作りの本など色々読んでいるのですが、
なんだか色々読むほどなにが面白いなのか混乱してきています。
お話作り難しいです。

 | HOME |  »


TMゼミWebサイト





↓ゼミのプロモーションビデオです↓

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ別

最新の記事

最新の記事

最新のトラックバック

TMゼミについて

TMゼミ

TMゼミ

京都精華大学の
竹熊健太郎先生と
三河かおり先生からなる
【TMゼミ】です。
11月14日に開催される
コミティアにて小冊子出します。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。