上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日、寒い日が続いていますね。
ブログをご覧の皆様も体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

TMゼミでは現在、募集告知を兼ねた寒中お見舞いポスターを作成中!
大学構内には2月中に張り出す予定です。

募集するのは「ゼミ生」「登録作家」「WEB運営スタッフ」。
詳細は近日オープン予定の公式サイトでお知らせ致します。

TMゼミ寒中お見舞い

震えてお待ち下さい!

<ニシナラ>
スポンサーサイト

年末年始を珍しく仕事が忙しくブログ更新を失念しておりました…。
進行管理担当者様からの連絡で気付いた次第…新年早々情けない。

2011年もよろしくお願い致します。
次回はちゃんとデザイン関係の記事をアップします。

年賀状の返事も今からという…社会人失格です。とほほ。

プリント用01

<ニシナラ>

マンガの原稿が完成してからの作業に写植があります。
フキダシ内のセリフを活字に置き換える事です。

鉛筆で指定されているセリフを…
原本

活字に置き換えます。
リュウミン

ただデザイン的に見るとマンガ業界はここからが面白い。
仮名は明朝体、漢字はゴシック体を使うというルールがあるのです。
マンガ好きの方はよくご存知のいわゆるアンチゴチというやつですね。

そうするとこういう感じになります。
※先程「仮名は明朝体」と書きましたが、「強調したい部分は太ゴシック体」というのも一般的
アンチゴチ

う~んちょっとした違いだけどナニカ印象が違います。
読者としての今までの経験かもしれないけど若干読みやすいような…。

ただ絶対的なルールがあるわけでもないようです。
商業誌を見ても作品によって色々なフォントの使い方をしています。

このへんを意識してマンガを読むのも面白いですね!

(ニシナラ)

以前も少し書きましたが小冊子の入稿過程で一番驚いたのが
「見開きレイアウトのNG」でした。

通常ページ数のある印刷物を作成する場合、
下記のような見開きレイアウトデータを作ります。
実際の本になった時の左右の繋がりを考えながら作業が出来ます。
見開きレイアウト

ページ単位のレイアウトデータだと右左を混同するし、
ファイル数も倍になってしまう。
片面レイアウト

しかし同人専門の印刷屋さんの場合こちらがスタンダードなんですよね。

竹熊先生の見立てでは
「行程をマニュアル化して低価格を実現させているのだろう」との事でした。
確かに通常の印刷屋さんとは比べ物にならない位安かった…。
紙のマンガ原稿で入稿していた頃の慣習も残っているのだと思います。

しかしマンガにも見開きページもあるわけで…
デジタル入稿の場合は見開き対応もして欲しいなぁ。

(ニシナラ)

ゼミのロゴ作成の次のデザイン仕事はゼミ生の共同制作プロジェクト「ショートマンガエッセイ」の各タイトルロゴの作成でした。その作品の「顔」ともいえる最初のページで名刺代わりともいえる部分!やりがいのある仕事です。

通常のクライアント様からのロゴ作成依頼の場合は「シャープな感じで…」とか「元気な雰囲気で…」などの抽象的なリクエストが多いのですが、ゼミ生はみんな絵心のある人たちなので具体的なラフで指示をもらいました。

実際のラフと完成の画像を一部紹介致します。
ほとんどそのままのものから手を加えたものまで色々です。

タイトルまわり

作業しての感想は…とっても楽しかったです!マンガ作品自体はすでに完成しているんですが、タイトルを入れる過程で「僕らが普段見ているマンガ」の形になる瞬間を見れるというか…これは役得でした。デザインの仕事していてよかった!

(ニシナラ)

 | HOME |  »


TMゼミWebサイト





↓ゼミのプロモーションビデオです↓

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ別

最新の記事

最新の記事

最新のトラックバック

TMゼミについて

TMゼミ

TMゼミ

京都精華大学の
竹熊健太郎先生と
三河かおり先生からなる
【TMゼミ】です。
11月14日に開催される
コミティアにて小冊子出します。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。