上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末進行でお尻に火がついているカオリーナです。

さて、これはある喫茶店での
編集者と新人漫画家の会話の様子。

編集:ひとりよがりなんだよね。もっとウケるもの描かないと。
新人:ウケるって、どういうことなんですか?
編集:わかりやすくて、おもしろいってことだよ。
新人:誰にでもわかるものって、私の描きたいものじゃないし……。
編集:それじゃ売れないよ。
新人:別に売れなくても、私の描くものを好きな人だけが
   読んでくれればいいっていうか。
編集:君の描くものが好きな人って何人いるか知ってるの?
   2万人以上いないとね、儲けになんないんだよ。
   儲けない漫画家に原稿料は払えないよ。
新人:……………(涙)

これは、私の作り話ですが。

こんなことを言う編集者がいたとしたら(いるかもしれませんが)
ひどい話だと思います。

でも、これは編集者の本音でもあります。
純利益が出るギリギリでもいいから「売れる単行本」を出さないと
編集部は赤字を抱えて、本当に原稿料が払えなくなるし
下手すると会社が倒産します。

具体的に2万という数を出したのは
単価400円代の単行本の売り上げから、
印税、人件費、印刷代、紙代、取次代、書店利益など
差し引くと、利益が出るか出ないかの
ボーダーラインが2万部とされているからです。

だから、この編集者が言わんとしていることは
間違ってはいないのです。
しかし、「作品を商品にして利益」を上げるのは
編集者の役目であり、そのリスクと責任は自分自身に課すべきことで
漫画家に押し付けるものではない…という点で
大きな間違いを犯しています。

「ウケる」「わかりやすい」「おもしろい」「売れる」
という言葉の先にあるものは「読者」です。
誰がウケて、誰に対してわかりやすく、おもしろいのか? 誰が買うのか?
一度でも本気で考えたことがあるなら
「2万人に売れなきゃ儲けにならない」とはならないと思うのです。
2万部売れないと利益が出ないことが確かなことであっても
見るべきものは数字ではなく「読者の顔」であってほしい。

「読者の顔を見る」とはどういうことかというと
「想定読者を持つ」ということです。

漫画家の持つ個性は、どんな人にウケるだろうか
作品のどの部分を強調すれば、その人たちにおもしろいと思ってもらえるか
どのくらいのクオリティを保てば、お金を出してもらえるか
編集者は、売れる場所を探し、そこにいる最低2万人の読者に対して
強くアピールするものを漫画家から引き出さなければいけない。

「2万人に売れなきゃ儲けにならない」ではなく
「2万人にアピールできれば利益が出る」と考えなければならないと思います。

ゼミでは、まず最初に「編集者は儲けてなんぼ」と講義しました。

昨今の出版不況で余裕がないのは痛いほど分かるのですが
ある編集部が初版2万部以下の単行本の印税を8%(通常は10%)に引き下げたと聞いたときには、一番大事なものを見失っているのではないかと強い不安に駆られました。
2万部が利益が出るか出ないかのボーダーラインだとしても
「2万人にアピールできれば利益が出る」と本気で考えた末なのか
「2万人に売れなきゃ儲けが出ない」と考えて安易に印税を下げただけじゃないのか
何故、漫画家にリスクを背負わせるのか

本気で「儲ける」ことを考えたなら
漫画家にリスクを背負わせることは、
逆に損失につながることだとすぐに分かるはずです。
本気で「儲ける」を考えないのは、
編集者が役目を果たすことを怠っているとしか言いようがないと思うのです。

TMゼミは、営利目的でコンテンツを作っているわけではありませんが
「儲けてなんぼ」を本気で考え続けていきたいと思っています。
正しく「儲ける」ことが、漫画を「守る」ことなのですから。

(カオリーナ)



















 









スポンサーサイト

TMゼミの初陣、無事終了いたしました。


今回は幸運にもオープンカレッジ企画に招待していただいたのですが
次回からは、向こうの会場(一般参加)で、目指せ下剋上!
いつか、ブース前に列ができるような、午前中で冊子が売り切れるような
人気サークル(ゼミですが)になりたいですね。

そんなわけで
ゼミの皆さん、本当にお疲れさまでした。
東京出張組の皆さん、朝早くからお疲れさまでした。

まだ設立して半年の未熟なゼミに
出店の機会を与えていただいたコミティアさん
心から感謝しております。ありがとうございました。


さて、そのコミティアで「プロットの読み方」なる公開授業を
させていただいたわけですが
「伝える」ことの難しさを、改めて痛感いたしました。
いや…そうう上から目線なことではなく
緊張して口が勝手にしゃべる状態になっていただけです…すみません。
何度か講演や講義をしているというのに、なかなか上手くできません。
一緒に壇上に上がったゼミ生は、みんな「頭真っ白だった」たそうで…。

そんな特殊な状況だから仕方ないというのは
やはり言い訳でありまして
編集者たるべき者、
社会への「伝達」窓口係を任されている者として
いかなる状況であっても、ちゃんと「伝える」を全うしなければ!
数か月の経験しかないゼミ生はともかく
カオリーナ(編集人生20年)、もっと頑張れよ!!

そんな身の引き締まる1日でありました。


ちなみに、初参加に浮かれていた
わたくしファッションリーダー・カオリーナは
スパンコールワンピ&スパンコールジャケットの
キラキラ勝負コーデを予定していたのですが
マイケ・ルジャクソンなみに光ってしまったので
ジャケットを断念……。
行列のできるサークル(ゼミですが、しつこいですが)になった日にゃあ
これみよがしに、キラキラしてやるぜー、なあ、マイケルジャケット!

そんな、どうでもいい決意を固めました。










TMゼミのファッションリーダー・カオリーナです。

……いえ、すみません教員の三河です。

 このブログでは、しばらくの間それぞれがテーマを持って四方山話を披露することになっているのですが、私には「マンガ編集者の育て方」なるテーマが与えられました。とはいえ、TMゼミはマンガ編集部(だと私は思っています)。若い新人編集が年取った先輩編集と一緒に働きながら、アドバイスを受け、スキルを盗んで自ら育っていく現場であります。

 なので、先輩としてできるのは、あれこれあれこれ山ほど仕事を作って、丸投げ……したいところですが、最初に「この仕事はこうやってするんだよ」と説明をして、中間報告で進行状況を確認、GOを出したり軌道修正したりなど、目の前にあるコンテンツに向き合うためのベストな環境を作ることだと思います。
 
「自分の力が100だとしたら、100を全部出し切るつもりで頑張っても80くらいの結果にしかならない。
 150を目指してやっと100全部を出せる。でも、これじゃ現状維持。
 200を目指せば130くらいになって、プラス30。いつでも今の自分の倍を目指せば成長できる」

 これは、若い編集者と飲んで調子こいて説教するときの、私の決め台詞であります。
 なんか、偉そうなんですが…でも、そうなんです。
 過去の自分を振り返ると、通常の3倍くらいの仕事を泣きながらやった後はそれまで難しかったもの、苦手だったものが、軽やかに楽しくできるようになっていました。
 筋トレみたいなものなんでしょうかね?

そんなわけで「マンガ編集者養成ギプス」。
ベストな環境も作りますが、マンガ編集筋を鍛えるために
次から次へとプロジェクトを立ち上げて、あれこれあれこれ山ほど仕事してもらいます。
すぐチーム分けします。責任重大な係も決めて「俺がやらずに誰がやる!?」状態に追い込んだりします。

とっても楽しいです。
追い込むことが楽しいのではなくて(いや、本当は楽しいんですが)、ゼミ生達がどんどんマンガ編集筋をつけていく姿を見るのが、楽しいんですね。コミティアに向けてショートエッセイを完成させたあたりから、みんなちゃんと「編集者の顔」になってて…お母さん目頭が熱くなったわよ……息子達よ娘達よ、すくすくと育ってください。自分の力で。

そんな感慨に耽っていたら、ブログの進行係さんから
《今日は三河先生が担当です。アップをお願いします》
と、催促のメールが来ました……。

「今、やろうとしてたんだよ!!!!!!!!!」

娘の成長に逆ギレ。






 | HOME | 


TMゼミWebサイト





↓ゼミのプロモーションビデオです↓

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ別

最新の記事

最新の記事

最新のトラックバック

TMゼミについて

TMゼミ

TMゼミ

京都精華大学の
竹熊健太郎先生と
三河かおり先生からなる
【TMゼミ】です。
11月14日に開催される
コミティアにて小冊子出します。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。