上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、Hachiです。マンガプロデュース四回生ですよ。

今回からブログ担当を仰せつかったのでありますが、僕、ギラリと光る特殊技能を持ち合わせていないので、誠実それ一つを胸に綴っていきたいと思っとります。

僕は現在、年少チームという一派に属してます。このチームはストーリーマンガコース三回生のお二人とマンガプロデュース四回生の二人で構成されています。先輩がお二人いたのですが、ご卒業なさいました(さみしい)。主な活動内容は、ああだこうだ言いながら、マンガを製作することです。

現在進行中のマンガの冒頭を(暫定的なもの)を記します。

――人間と天狗が棲家は違えど仲良く暮らしている山の奥。人間の少年つよしは天狗のすみれ子と、いつも二種族の共通の領分である広場で出会っていた。つよしは同年齢のすみれ子に密やかな恋心を抱きながら、幸せな日々を送っていた。

秋も深まって、すべての天狗が生まれ出ずる御神木に実った一つの果実の熟成を祈るお祭りに、つよしを含む人間たちが招待をされた。夜通し続けられる唄や踊りの中、一陣の風が吹きぬけ、全ての灯火が消えた。あたりは忽然と闇に包まれた。そして、再びたいまつに明かりをつけたとき、果実は影さえ見当たらなかった……。

それから二種族の間に走る緊張、疑心。やがて、断絶は憎悪に変わり、山は戦火に包まれていくのだった――

というお話なのですが、今作の画期的(だと思っている)な点は、戦を人間側のつよしと天狗側のすみれ子の両面から描くところです。

争いは、それぞれの事情と事情のぶつかり合いだと思います。勧善懲悪は胸のすく分かりやすさがありますが、現実はそこまでシンプルではないです。なので、そのあたりを繊細にかつドラマチックに描けたら、面白い作品ができるのではないだろうかな、と思いながら、試行錯誤する日々です。

完成したものは、ウェブ公開の予定です。カミング・スーンです。


スポンサーサイト

 | HOME |  »


TMゼミWebサイト





↓ゼミのプロモーションビデオです↓

カレンダー

« | 2011-04 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ別

最新の記事

最新の記事

最新のトラックバック

TMゼミについて

TMゼミ

TMゼミ

京都精華大学の
竹熊健太郎先生と
三河かおり先生からなる
【TMゼミ】です。
11月14日に開催される
コミティアにて小冊子出します。




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。